介護の仕事の効率を上げるケアネットメッセンジャー

男女

終の棲家となることもある

女性とシニア男性

老人ホームや介護施設には、幾つかのタイプがあります。まず、民間の事業者が運営をしている有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と呼ばれるもの、社会福祉法人などが運営する軽費老人ホーム、医療法人などが運営する介護保険施設です。それぞれに特徴がありますので、自身の希望や介護レベルに応じて選ぶようにしましょう。寝たきりの人や認知症などの重度の介護を必要とする人が、少ない費用負担で長期間入居することが出来る施設な、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている特別養護老人ホームです。重度の要介護者にとっては、終の棲家となる事も少なくはありません。ただし、待機期間が長い傾向にあるため、申し込みをしてもすぐに入居することが出来るとは限りません。

老人ホームに入居する際には、必ず入居前に見学をするようにしましょう。見学をする際に確認するポイントとしては、サービス内容や立地条件、費用、緊急時の対応などです。一つではなく、複数の施設を見学することにより、それぞれの違いを知ることが出来ます。ただし、一度の見学で気に入った施設があったとしても、すぐに契約することは避けるようにしましょう。現代は、高齢化社会が進んでいることもあり、入居することが出来るところに入居するという動きもあります。しかし、よく分からない状態で入居してしまうと、後々のトラブルに繋がる可能性がありますので、注意が必要です。老人ホームの仕組みなどは理解することが難しいこともありますので、分からないことがある場合には、その都度確認するようにしましょう。